うるさい襖を黙らせる方法

私の部屋は狭く、窓を開けると、襖がバタバタと風でうるさく鳴ります。
寝ているときなどは、耳触りです。

これを解消する方法を発見しましたので、共有したいと思います。
まず、準備するものは以下になります。

ティッシュペーパー 2枚くらい
10円玉

まず、ティッシュペーパーを2枚くらいを重ね、それを4つ折りにします。
そして、ふすまの上の、ガタガタバタバタと音が鳴る原因となる、隙間のところにティッシュペーパーをあてがいます。

そこに、10円玉を押し込んで、ふすまと家の柱との隙間をしっかりと埋めれば、もう風で音はなりません。
外す時は簡単です。ドアをそのまま開けるか、10円玉をひっぱるかすればとれます。

窓をあけて換気をしたいけれど、ふすまも締めて起きたいというときにおすすめなのがこの方法です。
仕組みは簡単で、ただ隙間を埋めてバタバタの余地をなくしているだけになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です